ブリュージュの運河の波ボルー、ベルギー

Printer-friendly versionPDF version

ブリュージュの運河の波ボルー、ベルギー

 
 

ブリュージュの「トリエンアーレ」とは何ですか?

「トリエンアーレ」は、メガポリスになる市の拡張問題を軸として作り出されました。問題は、「毎年、500万人の観光客がブリュージュを訪れます。その全員が宿泊することにしたら、どうなりますか?」この社会的・環境思考から、18人の国際的アーティストが新しい作品を創り出しました。これは、ブリュージュの中心部の芸術探訪を通して発見できます。これらの作品により、市の将来と可能性、都市化現象、市民権、ライフスタイル、コミュニティ、エネルギー、空間、音響などについて考えることができます。

 

 
 

 

この場合、アーティストRomy Achituvによる作品はブリュージュの運河で見ることができます。アーティストは市の穏やかな水を乱して、都市生活の騒々しさを見せることを狙っています。プロジェクトは中世におけるブリュージュの住居用建物を見せ、波ボルーによって作り出された波によって動く浮体式構造物から成っています。

 
 

この波ボルー芸術プロジェクトに関する詳細については、次のリンクをたどってください:
http://gavaligai.com/Cataract-Gorge

この芸術作品は「ダムポート  - 歴史ある古い街の商港の玄関口として使用された、小さなプール形状の水門にあります。ここには、ビュルペンストラートから行くことができます。

波はわたしたちの情熱です。

 FacebookLinkedinYoutubeGoogle PlusTwitter